約300戸を高稼働で運営する 管理会社との上手な付き合い方

講師は、宮城県を中心に、山形県、岩手県に物件を約300戸所有する「仙台大家の会」代表世話人。基本的には、購入物件の管理会社に継続して管理を委託。
複数の管理会社とどのように関係性を構築しながら、高稼働を実現しているのかを講演してもらう。

会場:土地活用・賃貸経営
日時:7日(水)11:50~12:40


仙台大家の会
現地世話人

菅原 貴博さん


1971年、仙台市生まれ。地元大学を卒業後、1995年、地元で就職。2003年、テレビで見た不動産投資に興味を抱き、2004年に1棟目を取得。これまで、RC造マンション、木造アパートの取得や、デザイナーズアパートの新築、築古物件のリノベーションなどを経験し、現在は23棟284戸を所有。2013年、勤務先を退職し専業大家になる。2008年の発足時より、仙台大家の会の世話人を務める。