住むだけの場所はもういらない 暮らしを提供する家主業

これからの賃貸住宅は、職住近接がキーワードになると考える越水オーナー。SOHO利用や店舗利用など、入居者の属性を変えることは、築古物件でも賃料アップにつながる。賃貸住宅=住む場所という常識を疑い、入居者に「暮らし」を提供する、今後の家主に求められる姿勢について語ってもらう。

会場:土地活用・賃貸経営
日時:6日(火)10:30~11:20


株式会社キャム
賃貸UP-DATE実行委員会

越水 隆裕さん


1977年、神奈川県川崎市生まれ。川崎市で賃貸経営と街づくりに取り組む。「家主の仕事とは、単に家を貸すのではなく、暮らしを提供することだ」と考える。タクト代表取締役、キャム代表取締役、のくちのたね取締役、賃貸UP-DATE実行委員会代表、不動産実務検定1級(一財・日本不動産コミュニティー)。2022年「家主と地主プレゼンツ SDGs AWARDS」防災部門を受賞。