入居者、家主、社会が三方よし 高齢者だからできるリスクヘッジ

実は、孤独死は高齢者だけに起こるとは限らない。その点、高齢者に対しては専用システムや定期宅配サービスによる見守りを提案しやすく、リスクヘッジがしやすい。また、モデル契約条項を用いれば、亡くなった後の残置物の片付けや契約の解除も難しくない。高齢入居者を受け入れるリスクは低くできる。家主にとっては社会貢献もできて、いいことづくめだ。本講座で実践テクニックを学び、高齢入居者を受け入れてみてはどうだろうか。

会場:土地活用・賃貸経営
日時:6日(火)11:50~12:40


高齢者向きアパートの会
主宰者

赤尾 宣幸さん


大家歴33年。介護事業(小規模デイサービス)を立ち上げ、22年にわたり経営。2009年、老人ホームでなくても生活できる人のために高齢者向きアパートを始めた。「高齢者だから」と入居を断るのではなく、一人でも多くの人に幸せを感じてほしいと考え、この考えを著書、FB、コラム、セミナーなどで情報発信中。著書は『多世代居住で利回り30%! 高齢者向きアパート経営法』 『介護で苦しまない! クスリフリーとバリアありーを考える』 『「小規模介護事業」の経営がわかる本/改訂版』 『DIYの楽しみ方 始め方から築古再生まで~DIYで大家になった私の「考え方」』 『実録競売マンション経営』など。